賃貸住宅に住むにはそれなりの手順を踏まなければなりません。その流れについて概説をしてみました。

賃貸で退去連絡は忘れないように
賃貸で退去連絡は忘れないように

賃貸物件を選ぶ流れについて

賃貸物件を選ぶ際には、何を基準に選ぶでしょうか。家賃でしょうか、部屋の間取りでしょうか、立地条件でしょうか。初めに何を一番重視するのか決めることは大事です。物件情報は膨大ですから、ある程度条件を絞っていかないと希望の部屋を見つけることは難しくなってきます。家賃を重視するなら、ある程度立地条件については目をつぶるとか、駅からは少し遠くてもいいが間取りは広い方がいいとか、重視するポイントを決めると、部屋探しはだいぶ楽になります。

目星の物件が決まったら、予算の計算をしましょう。その時は家賃が自分の支払い能力に合致しているかどうかだけでなく、初期費用についても頭に入れておかなければなりません。敷金・礼金・仲介手数料・火災保険料・鍵交換代金、それから引越し費用に日用品を買いそろえる費用、すべて合わせると、安く見積もっても20万円から30万円はしてくるでしょう。近頃では初期費用が安い物件も多くなっています。初期費用が安いに越したことはありませんから、予算に限りがあるならそういう物件を中心に探すのもひとつの手です。

それから身の丈に合った部屋を選ぶとよいです。自分の支払い能力を超えた物件だと、入居審査の段階で振り落されることもあるからです。

■注目の情報

Copyright (C)2017賃貸で退去連絡は忘れないように.All rights reserved.