賃貸の家賃値下げが難しいときは設備の充実を狙ってみることが得策で、ウォシュレットなどの増設がねらい目

賃貸で退去連絡は忘れないように
賃貸で退去連絡は忘れないように

賃貸で水回りの増設がねらい目

家賃交渉に応じてくれないような物件も当然ありますが、特に人気がある物件はわざわざ家賃の値引きをしていなくても入居者確保ができて、家賃の値引きが難しくなります。ですが、家賃交渉ができなかったからと言ってあきらめる必要性はないです。次に狙ってもらいたいのが設備の充実であり、家賃交渉が難しいと判断すれば即座に設備品の増設にポイントを切り替えていくのもいいでしょう。そして設備の増設は家主が納得するのかと思う方もいるでしょうが、それはもちろん物件によります。そして、築年や築5年ぐらいの築浅物件ならなかなか難しかもしれませんが、築10年を超えるような物件は意外と簡単い要求が通ることがあります。

曽諸いて家主は賃貸物件の増設や改修工事は常に考えていますが、問題はタイミングで、増設や改修や補修工事をしていくとそれなりに費用がかかりますから、家主もなかなか踏み出せずにいることが多いです。そしてたとえば築10年以上経過している物件ならばウォシュレットが装備されていないといった物件も結構あり、家主も当然これが装備されていたほうが、入居者にも受けがいいといったことを理解しています。いつかはウォシュレット付きのトイレに変更しなくてはならないと考えているものです。

■注目の情報

Copyright (C)2017賃貸で退去連絡は忘れないように.All rights reserved.