賃貸の修繕は、どんな修繕を行うかによって貸主負担か借主負担か変わってきますので、契約書で確認しておきましょう。

賃貸で退去連絡は忘れないように
賃貸で退去連絡は忘れないように

賃貸物件の修繕責任はどちらにあるか?

賃貸物件で建物の修繕が必要になった場合、貸主と借主、どちらに費用負担があるかということは度々問題になります。基本的に、貸主はその物件の主要な部分に対しての修繕義務を負っていると言われています。では、具体的に主要な部分とはどの様なものを指すのでしょうか?

例えば、物件の屋根が破損しており雨漏りがするといった場合、これは屋根という物件の主要な部分の破損とみなされ、貸主に修繕義務があると考えられます。当然屋根が無ければ通常の生活を送るのが困難になるからです。その他にも窓枠が壊れてガラスが外れてしまった、鍵が壊れて掛からないなどという場合は貸主が負担をすることになります。

一方で、借主に費用負担があるものもあります。借主自身の不注意によって破損させたものに関しては当然ですが、ドアの開閉時の音が気になる、使用するには支障は無いが家具やふすまなどの老朽化を改善したいなどといった場合です。これは個人の感覚の差によるところが大きいので、基本的に借主が負担をして修繕することが多いようです。又、水道のパッキンなどの消耗品についても借主自身で購入、交換するのが一般的です。賃貸住宅に居住する際は、そういったことも契約書などでしっかり確認しておきましょう。

Copyright (C)2017賃貸で退去連絡は忘れないように.All rights reserved.