高級賃貸の借り手はいろいろな層に別れており、多いのが会社経営者など若くして成功した30歳代の方も増えている

賃貸で退去連絡は忘れないように
賃貸で退去連絡は忘れないように

高級賃貸は自宅として居住する方もいる

高級賃貸の借り手はいろいろな層に別れていますが、多いのが会社経営車や役員などで、若くして成功した30歳代の方も増えています。そして自宅として居住する方もいればセカンドハウスとして利用している方もいます。そして賃貸物件には経費として計上できる税制上の利点があるからですが、また、購入するとマンションの管理組合に入るため組合の会合に出席しなければいかなかったり、理事や役員に選ばれる場合もあります。ですが賃貸物件に住むと所有者ではないので、管理組合に関係なく、お仕事に集中したい方にはわずらわしさから解放されるメリットは大きいです。そして暮らしてみてはじめて気づくことも多いです。

たとえば高級賃貸は当然高額の家賃を払える方がおり、今ビジネスで成功したり安定しているような旬の方たちが暮らしており、マンションに活気があります。ですが分譲の億ションのときはそうはいかず、購入者の10年後、20年後は予測不能で、管理費や修繕費用が回収できなくなって、売却せざる得なくなるような事態が起きないとは限りません。そうなると空室が目立つようになって活気が失われてしまうでしょう。そして最近分譲物件の販売に陰りが見えてきており、ディベロッパーは賃貸市場に力を入れ始めて今後も供給数は増えていきます。

Copyright (C)2017賃貸で退去連絡は忘れないように.All rights reserved.