賃貸マンションを借りるときに敷金は大家さんに預けておくお金で、重大な損害を与えたときの担保となる

賃貸で退去連絡は忘れないように
賃貸で退去連絡は忘れないように

賃貸の敷金の意味を知っておく

敷金は賃貸マンションやアパートを借りるとき、大家さんに預けておくお金で、入居中に賃借人が何らかの事情によって家賃が払えなくなった時や、重大な損害を与えてしまったときの担保としての意味を持っています。そして敷金は何のトラブルもなく賃借マンションやアパートの賃貸期間が終われば本来戻ってくるお金です。ですが賃貸マンションやアパートを借りるときに忘れないようにしておきたいのが、退去時にお部屋を借りている方は原状回復をしなくてはならないことです。そして、借りていたお部屋のリフォーム代は通常敷金から差し引かれ、残金が戻ってくるお金になります。ところで賃貸マンションやアパートを借りていてトラブルのもとになりやすいことがこの原状回復で、これは単的にいうと、賃借人が生活することによって発生した建物価値の減少分を回復する義務があるものです。

ですが減少分おどこまでが賃借人の負担になるのかで修復費用が異なります。そしてトラブルのもとはこの解釈のずれにあり、賃貸マンションやアパートを借りている方の故意や過失のときやまた通常の使用を超えるような暮らし方による損耗などの時の損耗分を修復するための費用は賃借人の負担になります。

Copyright (C)2017賃貸で退去連絡は忘れないように.All rights reserved.