賃貸を借りるには継続した収入や保証人を審査する入居審査がありますが、保証人がいない時は保証人不要物件がお勧め。

賃貸で退去連絡は忘れないように
賃貸で退去連絡は忘れないように

入居審査の重要点と保証人不要の賃貸

賃貸を借りる場合には、オーナーや管理する不動産屋さんが行う入居審査を通らなければなりません。特に問題の無い一般的な方であれば、そのほとんどが審査に通ります。入居審査で大きな比重を占める部分が収入の継続性です。これがしっかりと確保されていれば、毎月の家賃の支払いが滞ることはない、という判断がされるからです。収入のお金が多ければ尚良いでしょうが、家賃が払える継続性の方が重視される傾向にあると言えるでしょう。そして同様に審査に影響するのが、保証人の続柄と収入です。

最近ではかつてのように仕事での上役を保証人としても、審査に通らない場合があります。可能な限り親兄弟で尚且つ安定した収入がある方が、保証人としては有利になります。しかし現在では少子化や核家族化の影響で、それが意外に困難なケースであるかも知れません。親が現職なら問題ありませんが既に定年となっている場合は、入居審査でも通らないパターンの一つに例えられる程です。しかしそうした現状の方が既に多くおり、今後も増えていくことから、現在では保証人不要の賃貸も数が揃ってきています。そうした物件を選びますと保証人の問題が存外あっさりと解決致しますので、その点が課題の方にはお勧めの賃貸です。

Copyright (C)2017賃貸で退去連絡は忘れないように.All rights reserved.