賃貸で現状優先に注意することが大事で、県外からの転勤組は間取り図のみで物件を決めれば、現状優先がネックになる

賃貸で退去連絡は忘れないように
賃貸で退去連絡は忘れないように

賃貸で現状優先に注意

不動産会社のホームページや賃貸情報誌を見ていれば間取り図面の所に現状優先といった文字が書いてあることを知っているでしょうか。これはほとんどの不動産会社の間取り図に書いてありますが、この現状優先といった言葉は意外に曲者です。そして不動産業界で利用されている現状優先といった言葉ですが、この意味を知っておかなければ後から後悔してしまいますから、しっかりチェックしてください。そして、間取り図などに記されている現状優先といった意味ですが、これは間取り図と実際のお部屋の間取りが異なっていたとしても責任はとれないという魔法の言葉です。

そして、間取り図に12LKDと記されていても実際の間取りが10LDK敷かなくても不動産会社に責任はないことです。そして間取り図より実際の間取りが優先されることです。そして間取り図と実際の間取りが違ってくればある程度のことはない検事に気がつくでしょう。ですが県外から転勤などの理由によって引越しをしていくときはインターネットで物件選びをするような方が増えていることも事実です。そして、こうしたときに間取り図のみで物件を決めてしまえば、この現状優先と言った文字がネックになってしまうことがあります。

■注目の情報

Copyright (C)2017賃貸で退去連絡は忘れないように.All rights reserved.