賃貸アパートを借りるためには、色々と費用がかかります。保証人も必要になりますから、大変です。

賃貸で退去連絡は忘れないように
賃貸で退去連絡は忘れないように

賃貸アパートを借りるためには

賃貸アパートを借りるためには、どうしても費用がそれなりにかかります。家賃だけでよいわけではないのです。まず、敷金があります。これは退去するときの原状回復代の保証金のようなものです。また、礼金というものもあります。これは単純にお礼のお金ですから、ないこともありますし、あっても特に借り手にメリットがあることではありませんから、むしろ、ないほうがよいものです。それと仲介手数料というものもあります。このあたりのもので、家賃の数ヶ月分になります。さらに当然のことではありますが、家賃、管理費がありますから、さらに出費が嵩むことになります。大体、賃貸アパートを借りるときには最初に家賃の四か月分くらいは用意しておくことになります。また、もう一つ、大変なことがあります。それが保証人です。保証人というのは、借り手に何かがあったときに代わりに家賃などを支払ってもらう人のことです。

貸し手は確実にこれを要求してきます。普通は親とか兄弟とかごく親しい友人にお願いするものですが、いない場合は保証会社に依頼することになります。それにもお金がかかりますから、保証人が用意できない場合、さらに出費が嵩むわけです。これらの費用が賃貸アパートを借りるときにかかるわけです。それでも住まいを確保するために借りることは良いことです。

Copyright (C)2017賃貸で退去連絡は忘れないように.All rights reserved.