賃貸で入居審査とは何かがわかり、これはだれがするのかということも理解でき、審査基準も明確になる

賃貸で退去連絡は忘れないように
賃貸で退去連絡は忘れないように

賃貸で審査確認はあるのか

賃貸で入居審査というのは、銀行などのローン審査やクレジットカードの審査のように専門の期間が行って行くと考えている方も多くいるでしょうが、一般的に賃貸の入居し差は不動産会社と家主でしていくことになります。ですが最近家賃保証会社などを使用する入居者が多く、こうしたときは審査に家賃保証会社が加わることになります。そして、入居審査の基準となるのが、職業と収入と家族構成や保証人等ですが、それ以外でも不動産の営業マンが感じた人柄なども大きな要因となっていることが実情です。こうしたすべてをクリアしていなければ審査に通らないといったことではなく、定職についてなくても保証人がしっかりしていると審査に通ることがあります。

入居審査に必要と称していろいろな書類を提出させる不動産会社があり、所得証明書や住人表や在籍証明書など入居審査でここまで必要かといった小委も少なくないです。中には入居審査の段階で保証人お所得証明書などを提出するように言ってくるような不動産会社もあります。ですが、不動産会社によって必要書類は違い、前回お部屋を借りた不動産会社などではこうした書類提出はなく、入居審査だけでここまで書類が必要かといった気持ちはわかりますが、絶対にいってはいけません。

Copyright (C)2017賃貸で退去連絡は忘れないように.All rights reserved.