賃貸で1階部分は家賃交渉のチャンスになることがわかり、時期による家賃交渉術も覚えておくことが大事

賃貸で退去連絡は忘れないように
賃貸で退去連絡は忘れないように

賃貸で1階部分は家賃交渉のチャンスに

低層階の物件ですが、多くの方たちが認弑しているように賃貸物件は低層回より高層階のほうが人気があります。そして高層階になるにつれ、家賃が割高になるといったことは周知の事実でしょう。そこで家賃交渉のチャンスになるのが、1階部分などの低層階の賃貸物件で、特に1階部分は泥棒などの防犯状の問題は道路沿いならば車の騒音問題や覗きなどの問題が危惧されています。こうした事実は多くの方の共通認識になっており、上階の入居者より家賃が低くても文句を言う入居者がほとんどいません。

曽諸いて実際家主の多くは家賃を少し下げてもいいので、早く入居者を確保したいと思っていて、そこを苦実に値引き交渉をしてみれば成功確率が高くなります。そして家主側としても万が一既に入居をしている方に家賃を下げたことを知られても1階部分だから家賃を下げたという口実ができて、低層階の物件は家賃改定が比較的簡単にしていける物件でもあります。そして、賃貸物件の繁忙期は誰もが知っての通り、転勤や新生活が始まる3月で、ついでお子様がなつやすみになる7月といわれていますそして、家主側はたとえ3月の繁忙期で入居者が決まらなくても7月から始まる第2繁忙期で決まるだろうという楽観的考えを持っています。

■注目の情報

Copyright (C)2017賃貸で退去連絡は忘れないように.All rights reserved.