賃貸で値引きっ交渉をしていくタイミングに重要なポイントが2つあり、家賃交渉をする意志があることを相手に伝える

賃貸で退去連絡は忘れないように
賃貸で退去連絡は忘れないように

賃貸で値引き交渉をしていくタイミングは

賃貸の家賃の値引き交渉をしていくタイミングですが、家賃交渉は大きく分け2つのタイミングがあり、物件申し込みをするとき交渉をすることと、入居申し込みの審査が通った時交渉をすることがあります。そして、1つ目の物件申し込みのさいについては、これは家賃交渉をする意志があることを相手に伝えて置く絶好のタイミングとなり、内見終了後に不動産会社で入居申し込みは、不動産会社では理想的な流れですが、このときにある程度の家賃交渉を持ち掛けてみましょう。ですが、この時点で本格的な家賃交渉をしていく必要はないので、軽く家賃交渉が可能であるかぐらいの確認でいいです。ではどうしてこの時点で本格的な家賃交渉をしていく必要がないのかといえば、入居審査といった大きな壁が残っていて、不動産会社もこの時点で家主にまで家賃交渉をすることがないからです。

そして家賃交渉の最も効果的なタイミングは入居審査が通過した直後で、不動産ではない方から入居審査が無事とおりましたといった連絡があると思いますが、このときこそ家賃交渉の最大のチャンスです。そして入居審査が通ってしまうと、不動産営業マンにとって何もしょうがなく、もう確実に1件の契約がとれたと思っているはずです。

Copyright (C)2017賃貸で退去連絡は忘れないように.All rights reserved.