賃貸で家賃交渉をしやすいのは、礼金と日割り家賃・フリーレントを交渉する方法もあり、交渉のハードルが低い

賃貸で退去連絡は忘れないように
賃貸で退去連絡は忘れないように

賃貸で家賃交渉をしやすいのは礼金とフリーレント

賃貸で家賃交渉と一概に言っていますが、月々の家賃以外に初期不要を抑えて行く目的で礼金や入居初月の日割り家賃やフリーレントを交渉して行く方法があります。そして実は月々の家賃を交渉するよりこの部分の交渉は割とハードルが低く、交渉のやりがいがあります。たとえば家賃5万円で礼金2か月の物件を契約して月の中盤ぐらいに入居死体と考えれば、月の家賃を交渉したとしても良くて千円〜2千円がやっとでしょう。そして月々の家賃といったものは一度下げてしまえば、上げることはかなりむずくかしく、オーナーにとってもできるだけ下げたくはないです。

ですが、空室を埋めたいという気持ちは大いにあり、諸費用の部分の交渉をしてください。このケースの場合に礼金を1か月にして、月の半ばから入居したことによる日割り家賃をフリーレントにしていくなどです。そして礼金を1か月にしてみるだけでも5万円の初期費用を削減できますから、節約効果が大きいでしょう。そして家賃の値下げにこだわる方もおいですが、仮に初期表を5万円も抑えられれば月々2千円の家賃値下げと比較し25か月分と2年以上の節約効果あります。絶対に家賃引き下げとこだわるのではなく、別の妥協点を見つけていきましょう。

■注目の情報

Copyright (C)2017賃貸で退去連絡は忘れないように.All rights reserved.